講師プロフィール

Sayaka Asaoka 

朝岡さやか (旧姓:松本さやか)

 

東京都出身 。3才よりピアノを始める。また同時にJML入野義朗音楽研究室にて音楽理論等を学び始める。全日本学生音楽コンクールピアノ部門全国第1位。ピティナ・ピアノコンペティションコンチェルト部門全国第1位ほか、幼少期よりコンクール受賞歴多数。中学時代には、文化活動において著しい成果を挙げた生徒として、東京都教育委員会、及び八王子市教育委員会より、それぞれ特別表彰を受ける。

ICU高校(国際基督教大学高校)を卒業後、桐朋学園音楽大学ピアノ科の最難関コースであるソリストディプロマコース修了、また同時に、国際基督教大学(ICU)を4年間ダブルスクールし、心理学専攻にてICUも卒業。卒業論文では、クラシック音楽演奏者を対象とした臨床心理学の観点からの研究を行う。その後、奨学金を得てロンドンに留学し、英国王立音楽院大学院首席卒業。ロンドンにて作曲・即興演奏等も学び、イギリス各地、ハンガリー、イタリア等にて、ラフマニノフ及び自作オリジナル曲を中心としたリサイタルを開催。

CMや映画音楽の作曲も活発に行なっており、最近では、TSUTAYA CMシリーズや、YKK AP のCMプロジェクトシリーズ、映画「燦燦〜さんさん〜」(吉行和子主演、モントリオール世界映画祭正式出品作品)、短編映画「わさび」(芳根京子主演、ロサンゼルス日本映画祭最優秀三片映画賞受賞)などの音楽を担当。またオリジナル曲は、NHKや民放TV各局などのドキュメンタリー、ラジオなどのテーマ曲などに、幅広く使用されている。

ヤマハ発行「月刊ピアノ」にて、6年以上に渡り連載を執筆中。ICUで学んだ心理学を活かして、ピアノ学習者のためのメンタルトレーニングに関する連載を執筆する他、現在はオリジナルの1分間練習曲「朝岡さやかのピアノソラ・エチュード」を連載中。

 

演奏活動では、ラフマニノフの曲を中心にソロ演奏を行う他、東京交響楽団首席奏者達から成るユニット「清水西谷」と共に、全国各地にてクラシック及びオリジナル曲のプログラムによるピアノトリオ演奏のコンサートも展開中。

 

ピアノ指導歴は20年。これまでに、ロンドン・東京の両方にて、幼児・小中学生・主婦・ビジネスマン・音大受験生・プロ志望者まで、ピアノ指導経験多数。イギリス王立音楽検定(ABRSM)の指導経験も多数。全日本ピアノ指導者協会正会員。

 

朝岡さやか公式ホームページ

http://sayakaasaoka.com

〜講師からのメッセージ〜

 

私生活では、8歳の小学生の男の子と、4歳の双子の女の子、3児の母親をしています。音楽を通じて子供たちの創造性を伸ばせるような活動をライフワークにしていきたいと思っております。

 

今回5年ぶりに、新カリキュラムに一新しての新規募集開始となります。クラシックの着実な習得をメインにしつつ、子供の創造性の可能性も伸ばす、という新しい形態のレッスンに興味を持って下さった方、ぜひお気軽にご連絡下さい!

​※ お問い合わせはこちらから